竹文化とその利用

竹には文化がある。美しい竹林には人を魅了するものがある。一方で、竹の利用に関しては日本では、
竹材の使用量は減少しており、近年放置竹林は増加していることが知られている。コスト、効率の観点
からは竹の利用を広めるのは容易ではないかもしれない。従来の竹製品以外に、成長が早く、弾性に
富んだ竹を利用する方法として、繊維、紙、肥料、飼料、発電、セルロースナノファイバー、その他
竹コンポジット等利用法は様々検討されているが、いずれも実験段階あるいは、商用生産には至って
いない段階と考えられる。
私は、竹の利用を推進するためには、伐採コスト等の課題を明確にし、様々な立場の人々が協力して
課題解決に取り組むこと、それから文化的に竹を利用することの2点が今後の竹文化の発展、ひいては
日本人、世界の人々の心豊かな生活に繋がると私は考えている。

本サイトの役割

竹の文化、産業化に関する情報を収集し、紹介するとともに、オープンに協業を行うきっかけとなる
ようなサイトとしたい。具体的には…竹イベントの告知、興味深い論文、竹利用アイディア等…を竹の
業界関係者が共有ができる場としたい。その結果として何か生まれたら嬉しい。
試行錯誤をしながらサイトを充実させていくので、竹に興味の有る皆様ご協力下さい(2019/5/27)


つくば市内公園より